d0023674_1495316.jpg












とても喉が乾いている、
と言ったその人に、私は最後の水をペットボトルごとあげた。

最後の水だと躊躇することはない。
必要な時がくれば、いつでもどこでも手にできるだろう。

[PR]
# by eco8111 | 2010-04-12 01:52 | 思うよ
昨日会ったその人は、「まだ迷っているの」と恥ずかしそうに笑う。
こないだ会ったその人も、「どうしたらいいのか迷っている」と苦そうに笑う。

私もやっぱり迷ってる。

きっぱりと決めているように見える人でも、実は迷ってた、ただ、決めた後は自分を信じただけ。

揺れているのは道を決める時に起こる、摩擦の振り子。
全ての道が、どこかへ行き着く先の途中で、
今日生きるということは、明日への道程。

私たちは、いつもいつも、どこかの途中に居るから、いつだって中途半端に感じるけど、
迷うことから、始まる。

[PR]
# by eco8111 | 2010-04-11 12:39 | 思うよ
夏ーアリは、来る冬に備えて、せっせと労働していました。
いろいろな重いものを運んだり、蓄えたり。
それを見たキリギリスは、「大変そうですね、休んだら?」と聞きましたが、アリは、「わたしはこういった労働が好きなので、大丈夫ですよ」と答えました。

キリギリスは、そうですか、と頷いて、アリがせっせと働いている間も、好きな音楽の演奏をしていました。


冬ーアリは、夏に蓄えた食べ物を美味しく食べていました。
キリギリスはやはり音楽の演奏をしていました。
その音楽に癒されたアリは、キリギリスに「素敵な音楽をありがとう」と食べ物を出し、一緒に楽しく食べたのでした。
[PR]
# by eco8111 | 2010-04-07 16:08 | 思うよ
今日☆ze i mu sho☆行った。
開業的な届けといったような用紙的なものを出した。

嬉しかった〜ん♪

本当は1月予定だったのだけど、い〜ろい〜ろあって(そこはもうスッキリ☆解決)よおやく出せた!
やっぱり超嬉しい!

よし☆あたしはやるぞー!えいっ・・・という感じ。

やっぱりどうしてもクリエイターでいたい。
クリエイターでなければ、私なんてとっくに社会の変な渦に巻かれて、自分を見失っていることだろう。
ありがとう、クリエイティブ。
私を救ってくれるものでもある。

人が、価値がないものと捨ててしまうものを、大切にしていきたい。そこに意味を見つけていきたい。
目の前の100人が左に進んでいても、自分が右だと思えば、右に行ける自分でありたい。

なによりも、モノを創る人でありたい。
目に見えない粒子のような、空気中にちりばめられたミクロ単位の断片になったものを集めて、一つのカタチにするのが好きだ。その過程こそに、初めて自分自身を感じる。

その過程こそが、生きる意味だ。
[PR]
今、突然、どうしても、見たくなった、写真家さん

なつかしい〜。。。。
5年くらい前、なんだかわかんないけど、好きだった。
たまに、見てた。
でもちょっとよくわかんなかった。もっと・・・う〜ん、違うかな、とかちょっと思ってた。


今見たら、なぜ好きだったか、はっきりとわかったし、どこがどうすごいのか、ちゃんとわかった。
ものすごい才能だ、ということまでも、キッチリとわかった。

そして、
自分の名前で仕事をする。とは、こういうことか、ということも、わかった。
多分、無意識の内に、一瞬一瞬をものすごく「覚悟」して生きてる感じがした。
すごく良い写真だ。
[PR]
先日、結構な先日、ゆりえちゃんと cowbooks行ってきたのですが、そこで、なんとなんと、世の中で私しか知らない古本が(正確には漫画のような絵本のような)あったのです!!!!

がが〜ん。。。。。!!!

こここここれがここにっ!!!超衝撃。!ふるふるっ

か、かうぶっくす 恐るべしっ!!!

こんなこんな、 マイナーなもん、この平成の21年のこのジャパンのこの世の中の中目でっ?!?!

ん〜っと、普通に道を歩いていたら、小学生の時、坂田君と初めて交換日記的な事をしていたノートが落ちていたのを見つけた、というか、それくらいの衝撃。と言えば伝わるでしょうか?!はあはあ。
 *ちなみに、交換日記の内容は、全く覚えていないのね。坂田君はいまどうしているのか・・??


はあ、びっくらした〜。というか、cowbooksの秘密を見た気がしました。

松浦弥太郎さんの本を2冊読んであまりにすばらしいポリシーに感銘した。
こういう人は見つけちゃうんだろうな、私の交換日記、じゃなくて、古本を(笑)



そして、私はようやくようやく、あの「自由な感じ」を自分の中に取り戻してきた。
わりと長いめに凹んでいたので、結構大変だったけど、ぬけたみたい。
よかった。あの「感じ」さえ取り戻せれば、好きなように、思ったようにやれる。
私は本来、自由な人間だ。というか、誰だってそうなの。だけど、あまりにも煮詰まって目の前の事しか見えなくなると、とたんに、不自由になるのだな、と実感した。それは暗くて狭いものだ。
ただ、人を妬んだりという事だけはなかったから、まだよかった。これにそれが加わると、もっと嫌なナニカを出してしまったりするんだろう。こわい。


みんながそれぞれのフィールドで楽しいといいなと本当に思う。

そんなわけで、明日は暖かいといいな^^
[PR]
どーしてもどーしても!観たくなっちゃってー >_
昨夜借りて観たもんね!スカイ・クロラ


・・・切ないっすー涙。
とてもよかった、私は、好きです、とても。
でもキャラクターの絵が微妙。。。(?)


押井ワールドが炸裂。せつない。とにかくせつない。



途中で、カズオイシグロ著の「わたしを離さないで」を彷彿。
これは本当に3日くらい寝込んだくらいの(笑)衝撃だったけど。。。


うう〜ん、なんだかよくわかんないけど、もっかいパプリカ観たいかもー?!
[PR]
ひっさしぶりに、創作的な事しようかな、とPC作業にとりかかる為、iTunesにて、nujabes 追悼特集にしようと、初めて聴いた曲から流していっていたところ、なぜかなぜか!!!「千年女優」が聴きたくなり(笑)Utubeにて、聴いていたらば、「平沢進 白虎野の娘」が!この世界観!!!やっぱり天才は意味わかんない(笑)

スカイクロラも観たいな♪ 




[PR]
私のモノサシでは他人は絶対に計れない、ということを実感。
もう、戒めにblogに書く!

これからはもう絶対に、他人を批評・評価、しない!!!
うっかりうっかり言っちゃってることもちゃんと注意していこう。

他人に対する感謝が足りないからじゃないかな?
あたしって、傲慢だー泣。やなやつだー。

反省。。。
悪気はなくても、もしかしたら、傷つくかもしれないものね、自分じゃないからね、他人は。
「他者を思いやる想像力」がたまに足りないかも??
というか、つい「自分基準」になっちゃうんだー
本当に気をつけよう。

大反省です。今日からやる!





関係ないけど、超超超〜お仕事できる女性から、なにげにイジメられた。。w
ニッコリして感じよく挨拶したのに。。。くすん。。
たまにこうされる。
でも、たまにあるパターンなので、「あ、この人そういう思考回路か!」と驚く。
でもって、私はものすごーーーく、傷つく。
でも、私の何かがいらっとさせるんだと、いつも思う。
 素で接して、たまに女性に、嫌われる時がある。
素だった、私は、その時。でも多分、そこが嫌だったんだと思う。ちょっと難しい問題だけど。

いつもそれにイチイチ傷ついて凹んでいたけど、素で接して、私が嫌なら仕方がない。
と思いつつ、でも出来れば、受入れられたかった、と思うから、私は傷ついて凹むのね。
 なんかしらんが、女性にものすごく嫌われてしまう時、決して目を合わせてくれなかったり、
「嫌いですよ」を醸し出していたり、上手にシカトされたり、その方法は様々だ。
それはそれは、本当〜に凹む。

恐らく男性にはわからないだろうな。。。

でも、仲良くなれる女子は、すぐにわかって、何があっても友達だから、それだけが救いだ!




あと、Nujabes のコミュが荒れてる。。。。>_
なんでそんな寂しいことすんだろ?



しまった!長谷川等伯 没後400年特別展にいかねば!!!
しまった!つうか、終わってた。泣。


今日はつぶやき特集でした(?)
どうしたのかな?今日のあたし。。。
こういうのをツイッターとかでするんかな?
[PR]
今さっき、知りました。
nujabesが交通事故死。。。

最初はなんかの冗談かと思った。。。
軽く手震えて。

大好きな音だった。
初めて聞いたのが、2004年くらいの頃、カフェでかかってて、「この音すごい!」と思って、
カフェのにーちゃんに「この音はなんですか?」と聞いたら、そのにーちゃんも大ファンとのことで、nujabesのことを教えてくれた。
そんで、それからアルバムは全部買った。

2006年には、代官山のライブにだって行って、生nujabesをみた。

ちょっと、マイミクcaoちゃん、あなたコレ知ってた??



好きな人を交通事故で亡くすのはこれで2回目。
そんときは、電車に乗ってるだけで、見知らぬ乗客全員が愛しく思えた。
「この人達は今こうして皆生きてる!ありがとう!」と心から思って、本当に一人一人にお礼をいいたいくらいだった。

朝、目覚める前から涙が出ていて、その涙に気づいて、起きた。


でも人間てすごいな!と思ったのは、不思議と今は悲しみはない。
冷たいとか薄情とかそういうんでもなくて、他人の運命を受け入れる、というか、そういう気持ち。
だから悲しいという感情はない、本当に。

「それはもうその人の運命だったんだよ」と友達に本当に心から言った時
「違うよ!たえちゃんがその時横に乗っていればその運命も変わったんだよ」と言われた時、その時だけは、生きていけないかと思った。


そして、
nujabes は直接の知り合いでは全然ないけど、やっぱり悲しい。やっぱり涙は出ます。
今はまだしばらくは悲しくって、それは仕方ない。


心からご冥福をお祈りします。
心に響く音をありがとうございました。
そして、まだ日々を四苦八苦ながらも「生きている」私達は、きっちりと生きていこうと思います。^^
[PR]