スタートライン

d0023674_14215689.jpg←近所の犬。セクシーショット、いただきました☆ 犬会のグラビアを飾れるんではないかと。。。


さて、ここしばらく発熱で休んでおりました。打ち合わせもキャンセルして、すごく自分が情けないですね。。。
先日、開業届けなるものを出し、晴れてフリーランスとなった私ですが、それにより、やっぱり「プロとしての自覚」というものをどうしても考えざるを得ませんでした。

それまでの私は、自分のことをクリエイターだのデザイナーだのと人に説明するのは、ほんっっとおおおに!恥ずかしく、よおやく、かろうじて屋号e_co's designを語っていたのですが、それも、しれっと言っているように見えて、実はかなりの滝汗。変な汗とかかきつつ、のことです。
それだけそれだけ、なんだかわかんないけど、自分の仕事を説明するのが、恥ずかしいかったわけです。
ですが、自分自身の中で、覚悟がないかと言えば、そういうわけでは決してなく、むしろ、やる気なわけです。ただ、人に、「あたしはデザイナーです」と出来れば言いたくなかった。

そんなわけで、「アーティストです」とはしんでも言えないし、私は、かたくななまでに、「私はアーティストではない」というスタンスでした。
それは本当、私は芸術家ではないので。
がしかし、確かにアーティストではないが、「アーティストとしての一貫性」を持たないと、この仕事は出来ないかもな、との考えに至りました。

ようやくプロとしての自覚が出て来たということと、思います。
なので、顔とかも!blogプロフ写真に出してみました。→ これは、私的にはあり得ないことです。>_< そういうの、絶対嫌だった。
でもそれだけ本気ということです。

クリエイターでもデザイナーでもありません、ましてやアーティストなんかではないんですよ、あたしはただのあたしなんですよ、というスタンスでは、誰も私に仕事を任せないでしょう。
でもそう言っていれば、ある意味楽だったのだと思います。

私はクリエイターであり、デザイナーで、そしてアーティストとしてこの仕事を思っています。
という感じ。

そしてそれをわかってくれる人達と仕事をしていこうと思いました。

プロとして、ようやくスタートラインに立ちました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
e_co's design
大塚妙子
[PR]