アリとキリギリス<新説>

夏ーアリは、来る冬に備えて、せっせと労働していました。
いろいろな重いものを運んだり、蓄えたり。
それを見たキリギリスは、「大変そうですね、休んだら?」と聞きましたが、アリは、「わたしはこういった労働が好きなので、大丈夫ですよ」と答えました。

キリギリスは、そうですか、と頷いて、アリがせっせと働いている間も、好きな音楽の演奏をしていました。


冬ーアリは、夏に蓄えた食べ物を美味しく食べていました。
キリギリスはやはり音楽の演奏をしていました。
その音楽に癒されたアリは、キリギリスに「素敵な音楽をありがとう」と食べ物を出し、一緒に楽しく食べたのでした。
[PR]
by eco8111 | 2010-04-07 16:08 | 思うよ